撮影する前も、撮影しているときもいろんな角度から料理を見る。すると、

「ここから撮って!」と、料理が訴えかけてくる。いや、マジで。

 私はそれに応えるように、シャッターを切る。

 それがたまらなく楽しい。