撮ル。

「お前の本当にやりたいことは何なんだ!?」と、自問自答を繰り返す。

心に浮かんできたものを、もう一度突き詰めて、

突き詰めて、突き詰めて、突き詰めて、一つ一つ消していく。

残ったのは「写真が撮りたい」だった。

ファインダーを覗いているときは「生きている」実感に満ち溢れている。

仕事ではない、作品を撮るときはとくに。

だから、僕はカメラを持って街に出る。

IMG_1502.jpg
DSC06265.jpg